読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STAGEへの心の準備とわたし的まとめ、そして決意表明

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 〜 STAGE


まずは18公演完走、本当にお疲れ様でした!
ちょっと今更感あるけど、ツアーの余韻を引きずりすぎてなかなかまとめられない自担に合わせたようにわたしもそういう性格なので、このタイミングで落とす運びとなりました。お許しを。
と思ってたら!!自担が!webで!ツアーについて!何も触れてくれない!!!(涙)(涙)(涙)上げて落とされたー!これが菊池風磨の沼かー!!てな具合で着実に溺れていっていますので、もしよろしければ Johnny's web > Sexy Zone > 刹那ルツブヤキ。と進んでいただき、0503からの更新読んでいただきたい 。。。。会場に向かうファンに向かってこの更新するのほんっっっとずるいし(「コンサートはハニーとのデート❤︎」な手越くんを彷彿させるけど、本人はあんな感じなのがたまらん。個人的に0504が好きです。)、シンメである中島健人くんの「日本中のSexy Girl 、STY」(キメ顔)とまでは言わずとも 、せめてたった一行の「たのしかったな〜〜」に対して「そんだけかよ(すき)」ってツッコみたいのに、それすらもしてくれない菊池風磨くんに完全に弄ばれてるよ。。。見事にやってほしいことやりたいこと見抜かれてるじゃん、、、、、すきだ 、、、、、、、(頭抱)




というわけで、
このSTAGEツアーは、多少揺れた時期があったものの今まで嵐一筋でオタクしてきたわたしが、嵐オタの中で激震の走ったあのジャニーズカウントダウンコンサート2017をテレビで見て、今まで抑え込めてきたはずのSexy Zoneへの感情のコントロールができなくなった末に、初めてSexy Zoneに会いに行き、完全に菊池風磨に、Sexy Zoneに心を持ってかれたツアーです。
わたしがSTAGEに足を踏み入れるまでの葛藤は絶対に忘れたくないから、前置きとして書かせてください。



これを公にするの初めてかもしれませんが、わたしはあのカウコンから嵐というプロジェクトに対する信頼を失っています

わたしは、いつだかに、だれだかが言ってた、「俺ら5人は嵐というプロジェクトのフロントメンバーで、プロジェクトを押し進めるスタッフさんとファンのみんながいるから俺らが存在できてる」っていう言葉を信じていて。加えて、「5人じゃないと嵐じゃない」と事ある毎に口にしてきた彼らを信頼してきました。

そんな彼らが、2016年12月31日に紅白を終えたあと、NHKホールを後にしてバスに乗り込んで、いくら背中に相葉さんがいるとはいえ物理的には 4人で「「「「 嵐でーす 」」」」といって東京ドームに立ってる姿。
単純に意味がわからなかった。いやいくら背中に相葉さんいても4人しかいないじゃん?嵐じゃないじゃん?あの状態の紅白を終えて君たちは相葉さん1人NHKホールに残して東京ドームこれちゃうの???って。大人の事情ってのがあるんだろうけども、ファンには分からない何かがあるんだろうけども。でも嵐という一大プロジェクトの一員として許せなかった。同じようにこのプロジェクトを押し進める一員であるはずのスタッフさんが、4人の嵐じゃない嵐を相葉さんを置いて東京ドームに向かわせることを OK! ってしたことに腹が立った。あれ〜 わたしもプロジェクトの一員じゃなかったっけなって。プロジェクトを成功に導く大きな力であるファンが求めるものは無視して、“大人の事情” で行われた嵐のサプライズ登場。掛け持ち勢は別として、嵐ファンがいない空間に生の嵐を登場させることの意味は?年男がいるならまだしも、その演出に価値があるとは到底思えなかった。

NHKホールを後にしてバス中継をする4人の”嵐”を見て、そして紅白の結果も相まって、何故 が溢れかえってひたすらTwitterしてたとき。テレビの中にSexy Zoneの4人がいた。エビのMoonlight walkerかな?歌ってて。あれ?ふうまくん前髪どこいった?!いやいやくそかわええやん 、、、って。すでに彼らへの気持ちを抑え込むのが難しくなってたときで、紅白のパフォーマンスも食い入るように見ていたので、カウコンの髪型見て、あれ?紅白の時下ろしてなかったけ?と。オタクの本能といいますか、確認しないと済まない性分なので、紅白の録画を見返し、Twitterしてたせいで見逃してたカウコンのテレビ放送を開始して早々にSexyZoneを歌う姿を見返した。
あれ、やっぱ収録までは前髪あるじゃん!セットし直したのついさっきなの?!わざわざテレビ入るからってテレビの前のオタクを楽しませるためにセットし直すふうまくんプロのアイドルじゃない?!?!
それと同時に、まだカウコンに参加できないマリちゃんの元に4人が駆け寄って、5人でSexyZoneをして、素の笑顔でキャッキャしてる姿に涙でた。あーーーーーわたしが求めてるのはこういうのなんだよなあって。メンバーのこと大事にして、(嵐の4人が相葉さんを置いてったことがメンバーを大事にしてないとかじゃない)メンバーの中で流れる空気感できゃきゃってしてる姿を見るのが好きなんだよなあって。

そんなセクゾを見て気持ちを共有できた友達がいた。さらに言えば、ツアーが12月末に発表されていて、一緒に行こうよ!って言ってくれてて。ファンクラブ入らなあかんな〜 でもな〜 って若干だけど、躊躇してた。自分がどうなってしまうのかがすごくすごく怖かったから。
でもカウコンの嵐を、セクゾを見て、心を決めてファンクラブに入りました。とんとん拍子に申し込み、そして当選。この時点では横アリ2公演だけの予定だったんだけどなあ。当選から横アリまでの間があまりに長い。三ヶ月?我慢できるわけない。そのくらいに思いが募りすぎてたし、翔くんの熱愛の最初の報道があったし、なによりもツアーの初日が大好きだった。いろんなことが相まって、勢いで名古屋に、ツアー初日に行くことを決めました。

この初日に行くことを決めてから行くまでの葛藤と、行ってから横アリを迎えるまでの葛藤は、ここの『3月7日』と『0325』に書いてます。https://akar1.tumblr.comTumblrもこっちにまとめたいなと思っているけどとりあえずこのままで。おしゃべり語り癖ババアにとってはてブロの存在が貴重すぎるのです。。。)

こうして葛藤しつつも、予定してた0505②と0506①だけじゃなくて 1部入るなら2部も、じゃあオーラスも、って追加で行くことを決めた。入れるなら、その場にいられるなら、彼らの決意をこの目でこの耳でこの肌で感じたかった。そのくらい気持ちが大きくなってた。
チケットを探して、結果的にSTAGE5公演。今更ながら、ふうまくんが大事にしてる という数字であることに喜びを感じる。そしてあゆはぴと変わらないことにびっくりしてる。なによりも、わたしってこんなに後先考えずに欲のままに行動する人間だったっけな〜って。(笑)けど欲に任せて、気持ちに従ってよかった、本当に。


さて、長く長くなった前置きはここまでにして。



このSTAGEが5周年のツアーという彼らにとっても、今まで彼らを支えてきたスタッフさんにとっても、そして5年間SexyZoneを見てきたファンの皆様にとっても、とても意味のあるツアーであることは大前提として。わたしがSexy Zoneの5人とスタッフさんとたくさんのファンの方々と一緒に横に並んでSexy Zoneという一大プロジェクトを押し進め、ナンバーワンを取りに行く決意をした、腹をくくったツアーになった、という意味でとてもとてもとても重要で大切なツアーになりました。

そんな大切なツアーに5公演入らせてもらって、その時々で感じたこと、彼らが喋ったこと、そんなものたちをできる限り覚えてる限り全部 どこかに残しておきたくて 大切な宝物にしたくて、忘れないうちに書いておこう、そんな気持ちで筆をとった(?)ブログです。まとめというよりもただの感想です悪しからず。


参考までにこの視点から見てますリスト
0325:スタンド最後列 メンステ上手 ほぼ見切れなし
0505:センター バクステから2列目 21ブロック
0506①:スタンド北ブロック スタトロ最前
0506②:立ち見Cブロバクステ正面
0507:立ち見Fブロ メンステ上手 見切れあり(オキテお着替え、いわゆるどスケベ席!最高すぎ!!)

ちなみに、良席及びファンサに1ミリたりとも興味無いです。同じ空間にいたい、できるだけいろんな景色からパフォーマンスを見たい、あわよくば気持ちが伝えられる席に入りたい、自分の力で掴んだ良席の嬉しさとその貴重さを大切にしたい。ちなみにファンサと気持ちを伝えるは大きな差があると思ってるので、その点について理解できない方は声かけてくれれば死ぬ気でご説明します。(誰だよ)


というわけなので めちゃくちゃに主観です。忘れている部分も多々あると思うので、あかり!ここ忘れてるよ!!てのがあれば教えていただければ幸いです。。。(笑)




ではさっそく!


とにもかくにもまずは今回の構成から。

名古屋初日。
入場列に並びながらツイッターで把握したまさかまさかのアリーナ構成に絶句。わたしたちだけじゃなくて、周りの人もみんな、絶句。ちょっと待って?何を考えている菊池風磨??これ、大丈夫なの???とひたすらに心配し続ける小一時間。こんなに障害物が1つもない前から後ろまで景色の開けたアリーナを見たのは初めてだったし、何度もツアー初日に足を運んできましたが、こんなにも衝撃を受け、期待の中に不安を抱いて開演を待つのは初めてだったなあ。ほんと稀に見る初めて尽くし。(笑)
周りの人から聞こえる、何が起こる?どんな世界を見せてくれる??っていう声も、そんな雰囲気も、全てがああ初日だと思わせてくれた。やっぱり私は初日が好きだ。。。。。


メンステは、周辺に曲名とモチーフのカラフルなネオン管が散りばめられてて、すごく華やかで。このネオンが曲が変わるごとに色を変え、位置を変えるから、景色がいつも違くて面白かった。(そういう意味じゃ、ちょっとあゆはぴっぽい)決してお金がたくさんかかってるとかそういうことじゃないんだけど、でもすごく派手で豪華に見える。きっとスパイスみたいに、妙なおしゃれさが加わってるからだと思う。海外のネオン街をいい感じに写真にした時みたいな感じっていうのかな(語彙力)、個人的見解だけどふうまくんの趣味入ってそう。(絶対みんなに携帯の写真見せて、こんな感じ良くない?!って言ってる) といいつつも、彼らが事あるごとに海外に連れ出され目にして吸収してきたものが少なからず影響してるんだよね、きっと。女の子はもちろん、男の人にも受けそうなこのかわいくておしゃれでかっこいいセットは、今のSexy Zoneが目指す、ふうまくんが作りたいSexy Zoneらしさ(女の子にモテるのはもちろん、男の人にリスペクトされるグループになりたい)が現れてるなあと今になって思う。


メンステの中央モニターには、
Sexy Zone Sexy Tour
STAGE
2017/XX/XX XX:XX:XX
in 〇〇
の文字。この時間は秒単位で進んで行くんだけど(じゃぽの本編終了に似てる)、どの公演も必ず 例えば17:30開演だったら 「 17:30:00 」になった瞬間に照明が落ちてOvertureが始まる。ほんと鳥肌ものなの、これ。5分押しがザラなコンサートばかりだったので、定刻スタートっていい意味で吐き気がやばい。29分になった瞬間とそこからの10秒ごとに ひゃあ って声が会場を包んで、どんどん大きくなる セクシーゾーン!っていうコールも 、10秒前くらいからかな?「 3、、、2、、、1、、、、きゃー!!!」になるのがたまらなく好きだった。
この演出、裏でどんなアクシデントが起きようが絶対に定刻で始めなくちゃいけないっていう本人たちを確実に苦しめる演出だと思うんだけど、それをやってやろう!っていう覚悟がめちゃくちゃにかっこいい。たまんねえ。思い出して鳥肌立つ。
ちなみに0507はツアー名と日時の間に「 Tour Final 」の文字がありました。


あと、0507のサプライズ演出についても書いておこうかと。
あのバラとお手紙は、チケットをもぎられたあとにスタッフさんから1人ずつに「よろしくおねがいしま〜す」と手渡されたものです。
ガラス扉だからチケットもぎる列に並んでる時にダンボールに入った大量のバラと、それが1人ずつに手渡されてるのが見えて、その時点で泣きそうだった。ツイッターでみんなで造花のバラ買ってお祝いしましょう!みたいな企画やってるの知ってたけど(持ってってはなかった)、まさかスタッフさんまでもを巻き込んだこんな大規模なサプライズ演出になっているとは思わず、(そして立ち見も参加できるとは思わず)驚きと共に、開演前から感動してしまった。そして、お手紙の差出人が「SexyZone全国のファン一同」で。SexyZoneというグループが、いかにファンの熱意、そしてそれに応えてくれるスタッフさんの暖かさに支えられているかをそれだけで知ることが出来たし、実感した。ほんっとうに素敵なグループなんだよ。




というわけで、やっとこセトリに参りたいと思います!!



0.Overture

楽屋からステージに向けう映像がメイン。そこから1人ずつクローズアップされ、モノクロ映像でコンサートのリハ中(?)の素の表情が映し出される。名前が出るような紹介ではなく、ドキュメントっぽい雰囲気。(あゆはぴのOvertureに似てる)ここでBGMに合わせてエアバンドする5人と、ふうまくんの携帯から顔あげるところが最高に可愛すぎる。
モニターに5人が階段を降りてくる姿が現れ(これは毎回同じ映像)、このモニターが上に上がるとともに本物の5人のシルエット。めちゃくちゃテンション上がるんだわこれ。後ろから照明当たってるから出て来たときは顔がうまく見えなくて、一曲目のイントロと共に照明が5人に当たり、っていう。はーーーーーちょうかっこいい。。。。(語彙力)
横アリのふうまくんは、右手で後頭部を抑えて斜め右に向かって体を反らせるのが流行りだったらしい。もはやシルエットだけで菊池風磨すぎる。


1.ROCK THA TOWN

名古屋でまさかの発売前シングル?!と衝撃。しかも一曲目に?完全にまさかでしかなかった。。。SlowJamもSUSOもそうだけど、発売前のものを問答無用でセトリに組み込むのって挑戦すぎる。けど、パーティチューンなだけあって一曲目に相応しすぎる曲であり、新しいSexyZoneらしさを魅せる曲だと各所でメンバーが話していることからも、RTTがこのツアーの一曲目を飾るのは当然であったのだと今気づいた。やべえセクゾかっこいい、、、、、、、、
Are You Ready?」にテンションぶち上がる(口が悪い)。あと、「〇〇(都市名)ボーダーレスだろ〜?!」が意味わからないながらにとても好きです。
それから、テレビで披露されているうちから言及させていただいている間奏のラストのふうまくんのステップの下手くそさ(誤魔化せてると思ってるのが非常に可愛い)についてですが、あーーー!!となった記憶がないので、ちゃんとできるようになってたんだと思います、多分。(ちゃんとしろ)
あ!と!
衣装が最高に良い。ふうまくんの衣装スタイリングした方に菓子折をお届けしたい。オーバーサイズ、丈短め、抜襟。シルエットだけでもう菊池風磨でしかない、最高!!ありがとうございます!!!!!あとけんてぃのチョーカーがたまらなくなにかを唆られる。。。。
でもって、ロゼヘアを初見した0505、私のスイッチが完全にどこかに切り替わった感覚。(白目)かっこいい顔作って(いちいちモニターで自分が抜かれてること確認してから顔作るのずるすぎません?かわいいっつーの)、かっこいい衣装着て、かっこよくシャウトして、かっこいいダンスを可愛い頭でお披露目するんじゃない。(涙)(涙)(涙)


2.Celebration!

ふうまくん「Let’s enjoy your life」のあとに何かしら煽る。ふうまくんの煽りの豊富さに頭が上がらないのだけど、ここは「ハッ!!」てのが多かった。これに続く「C’mon everybody!Let’s go!!」が本当にテンション上がるんだ。。。。「フォ〜〜〜〜〜!!!!!」って、手ぐるぐるしたくなる。さいこう。(語彙力)
「一人で〜君の手の中さ」でステージを左右に大きく使うんだけど、本当に見切れに優しい。いちいち手振ってくれる。でもって近い。アリーナキャパって最高だね。。。。。。
そう寂しさぶっ飛ぶ笑顔が ほら こぼれ落ちたらラッキー!Baby」で笑顔こぼれ落ちちゃうふうまくんが!ふうまくんが!!!(涙)(涙)(涙)周辺の菊池担全員で「かわい〜〜〜!!!(涙)」てしたの思い出した。めっちゃエモい。(0507)笑顔こぼれ落としてくれてありがとう!ラッキーーーーー!!!!!
愛すべき時 僕らが 生きてる今を 、、、愛し合ってこうぜ ♡(照れスマイル)」でわたしのコンサート始まる、、、さいっっっっっっっっこう!だいすき!愛し合ってこ!!


3.High High People

楽しくて幸せな記憶しかない。聴くとコンサートの景色思い出す曲トップ5入りは固いこの曲。名古屋で放心状態を引くずりすぎて全然ハイハイ!できなかったの死ぬほど後悔してる。。。。。兎にも角にも、最後の「You!」で自担を指差す楽しさったらない。無条件にニヤニヤが止まらない。
想像も〜」でけんてぃを襲う聡マリと、「当たり前のもの〜」のふましょりが全力でオタクを沸かせにくるんだけど、個人的にいつも大真面目にガチでびっくりしちゃう健人兄さんめっちゃ好き。ふましょりは0505が最高にやばかったらしいんだけど(メモに書いてある)、何がどうやばかったかの記載がない。なんだこのメモ。
メンバーが順番にハイハイ!するんだけど、まりちゃんが終始可愛いのはもちろんのこと、自分のところではほぼ何も言わずに表情だけで煽ってくる菊池風磨まじでかっこいいからな。。。。。。そこからの最後の「愛し合ってこうよ」で(死)ののちに、みんなでハイハイするときに「腹から声出せ」「仲良くみんなで」「お手を拝借」「今世紀最大の」などなど可愛い言葉を使って語彙力の豊富さを見せつけつつ心地いいリズム感で楽しそうに煽ってくるから(褒めすぎ)、毎回新鮮で楽しかったなあ。
寂しい夜は 早送りして」のふうまボイスの甘さとお顔の可愛いさは特筆するほどでもないのだけど、「早送りして」でお気に入りのハンドル回すみたいなやつやるんだよねえ。かわいい。
そして、曲の最後の「いいね」「できんじゃん」「いいじゃん」にだいすきーーーーーー!!!!!ってなるのだけど、0507は一番最後のハイハイ!で「ラストだ声出せ!」って煽りと、次の曲ギリギリの「いいじゃーん♡」のギャップに殺された。菊池風磨の煽りやばい
あ、あと、サビでお尻とお尻でゴッツンコ(ネーミングセンス)の振りがあるんだけど、あのゴリゴリのジャラジャラの衣装で可愛いことするもんだから感情大渋滞。セクゾかわいい〜〜〜〜〜


4.Miss Mysterious

ジャケット脱いで、ピンクのブルゾン。ここまであまりよく見えなかったけんてぃのチョーカーがよく見えるようになるのだけど、見てはいけないものを見てしまっている気分になるから中島健人罪な男。あと個人的に勝利くんのネックレスがたまんないです。お顔の綺麗な男の子たちがオールブラックにピンクのテカテカしたブルゾン羽織って、光るスタンドマイクつかってパフォーマンスしてるところなんて想像だけで美味しい。ごちそうさまです。
衣装ネタだと、毎回ここでけんてぃがブルゾンはだけさせて次の曲でふうまくんがはだけさせるから、これは打ち合わせ済みなのか・・・?と思わせるのだけど、オーラスはふうまくんもここではだけさせてた(レポ漁ったらほかでもちょいちょいやってたっぽい)から気分ですね。かわいい。これふまけんが下にしゃがんで、ちびーずが立ってるっていうフォーメーションなんだけど、ふうまくんがはだけさせたおかげでふまけんのシンメ感に感涙したのと同時に、かっこつけ方は同じなのに醸し出すかっこよさがぜんっぜん違くて、なのにどっちもかっこいいからずるいんだ、ふまけん。
あと、「いたずらなAngelic smile」のけんそうは特筆すべきでもない。やばい。思ったのは、それまでそうちゃんにされるがままだったけんてぃが、0506からはそうちゃんの手に手を重ねてたような気がするんだけど、記憶違いかな。。。本来はどっちの振りなんだろう。。。。。


5.Love Confusion

個人的にはここでブルゾンはだけさせてくれる方が好き。ゆっくり羽織り直して、ゆっくり階段登って、椅子に浅く腰掛けて、照れ隠しの癖出して、ちょっと遠くを見つめる。この一連の流れがとっても色っぽくて好き。
けんてぃの「ずっと〜」の表現力に毎回脱帽させられたし、ふうまくんの「それはふたり繋いでる」の伸びやかなアレンジに胸が熱くなる。ふまけんの歌い繋ぎがこんなに素敵な曲、他にないんじゃないかなあ。
このあとの椅子を使った振り、ふうまくん後から参加なんだけど、相変わらず振り甘いから椅子を逆手に掴んじゃって一人だけ違う振りになってるのもふうまくんらしくて好き。この曲だけは椅子になりたいと心から思う。(よね?)


6.マリちゃんソロコーナー

根本的に英語でスピーチするのかっこいいじゃん。「skip one … へへへ」っていうアメリカンジョークで途端に外国人の顔になるのたまんないじゃん。お花を振りかざして、照明付けるのティンカーベルすぎじゃん。このコーナーの時、ずっと「かわい〜!!」しか言ってなかったと思う。本当に可愛いでしかなかった。マリちゃんの強みがふんだんに生かされたコーナーで、会場中がオレンジに染まって、あったかい幸せな空気に包まれて。STAGEの中でトップ5に入る好きな演出。
このコーナー最後にマリちゃんの声で「Shori〜 SATO〜〜〜!!!」って紹介されてジャズっぽいイントロが流れる、っていう流れが最高にショーで、すごい好きだった。


7.Why?

この曲の照明の使い方がすごく好き。特に大サビ前の「俺も On and on and now」で後ろからの照明で(それもかなり、かなり光量の多い)「バーン!」っていう音ともに照らされる勝利くんが圧倒的に我らがセンター佐藤勝利で、本当にかっこよくて、息を飲む。でも美しい、かっこいいだけじゃなくて、表現力も色っぽさも兼ね備えてて、佐藤勝利の可能性には期待してしまう。無理して欲しくなけどね。


8.映像

過去のソロ映像が流れる。FaKeまだ見ぬ景色雨だってCANDYの順。曲フェードアウトしてるのに「癖になる」って歌ったり、「LOVEけんてぃー!」って言っちゃうオタク尊い
『next player … ▷1player ▷2player』『▶︎5player』で次に繋げるのがずるい。(宮城のソロ前の演出もこんな感じだったような。記憶が甘い。)


9.Teleportation

衝撃 の一言。何ごと・・?嘘でしょ・・・??でした。ほぼ記憶なし。(0325)
(ソロを五人で歌うってフェス’13やん ってなったのは置いておいて、)曲のチョイスがいい。テレポってありなの?(涙)
まず衣装がカラーなんだけど、誰一人として自身のカラーを背負ってない。勝利くんのグリーンの衣装、すっごい好みだったなあ。あとけんてぃのソロだから当たり前にけんてぃが真ん中なんだけど、しょりくんがふうまくんとセンター割してるもの結構好きだなって思ったよ。
さて、我らが菊池風磨くんの衣装についてですが、もはや思い出すだけで涙が出るほどに好きです。ふうまくんはパステルピンクのタキシードなんですけど、前述した通り横アリ限定でロゼヘアだったので、ピンクタキシード(差し色黒)+ロゼヘア(根本に黒髪残し)が計算尽くされたものでしかなくて、本当にずるい、ずるすぎた。タキシードの首元に結んだ細い黒いリボンも、白い手袋も、なんかもう「なんか・・!!!!(涙)」でしかなくて、とにかく私の中の何かが崩れた。可愛いがすぎるのに、可愛いでしかないはずなのに、「ALL day all night. 〜」って歌いながら階段降りるときにするお気に入りの手を交差させてりするあの動きも、ガシガシ踊るときに出るダンスの癖もかっこよすぎて、好きすぎちゃって、感情が大渋滞。くううなんてずるい男なの。。。。
あと歌い分けした人に本当に感謝したい。ふまけんの「遥かな距離も 飛び越えていく 今すぐ抱きしめたい」ほど美味しいものありますか?背中あわせてこれ歌うんだよ?今すぐ抱きしめあっちゃいなさい。(涙)それから、「同じ光を見てる 信じて」のマリちゃんの歌声の透明感に勝るものなかった。儚い表情も相まって、美しいの一言でした。
何よりも、階段上でパフォーマンスした後にCメロ歌いながら階段降りてきて、そこからの大サビ。鳥肌立った。
「キミへテレポーテーション どんな壁を越える ただキミのもとへ」
このワンフレーズをアカペラで、真上からの照明だけで歌う。圧巻。『何があっても、みんなのそばにいる』、そんなメッセージを感じて泣きそうになってたのは私だけじゃないはず。彼らなら幸せにしてくれる、絶対に。会場中に響き渡る彼らの歌声、息継ぎに思わず空を見上げてしまうんだ。本当に感動した。


10.レーザーマリオネット

あああ 風are 、、、、、な演出。
前半は一筋のレーザーを操る。雨音かな?に合わせてレーザーが水滴みたいに落ちてきて、それを拾いながら腕を入れ替えつつ360度回転するところがすごく好き。(細かい)ふうまくんのジャケットとリボンと髪の毛がこれまたいい具合に揺れるんだけど、おそらく誰よりも動きが大きくて(肩から体開いてたもんね)可愛いでしかない。後半は円錐形のレーザーの中に入っていかにもマリオネットのようにキンクイのオルゴールver.に合わせて動く。
風areでレーザーを味方につけたふうまくんがそれをセクゾに落とし込んだわけなのだけど、風areみたいにレーザー!!かっけーーー!!っていう使い方じゃなくて、あくまでもセクゾらしく、上品で儚くて可憐で、そんな世界観が作られてた。同じものを使ってるのにこんなにも違うものが作れてしまう発想力に脱帽だなあ。


11.King&Queen&Joker

ロマンチックでメルヘンな世界からのキンクイ!ふうまくん意外と乙女趣味でかわいいじゃん。。。。(ボコられそう)
この曲、とにかくとにかく発売された時から大好きでして。深読み芸人なので、この言葉がQueenで〜ここがJokerで〜、、?!ってことはふまけん?!?!?!?!ってのをやりまくってました。(自家発電)この曲に関する考察は死ぬほど読み漁ってきたつもりですが、いかんせん難しいので、まだ完璧な考察できてません。いつかやりたいな。というわけなので、セクゾ担になる前から大好きな曲で死ぬほど聴いてきた曲です。まあなによりも菊池風磨くんが死ぬほどかわいいから大好きです
投げ出しちゃっても」「これが僕たちのね 運命なんだよ」のふうまくんはわたしを混乱させるし、いつもとてもいい顔をする。「Joker…」て目を細めながら言うのもとっても好きだよ。かわいいのは俺のキャラじゃねえとか内心思いながらやってるから照れてるの丸見えで、かわいい生き物でしかないんだよなあ。こんなのをピンクの髪の毛でピンクのタキシード着てやるんだよ?!もう天才!!すき!!!(単純)
そんなふうまくんが曲が終わって暗転して上手に捌けるときに、いつもの照れた時の癖をやりながらテコテコ歩いて行ったのを見たときは全私が泣きました。ありがとうございます(涙)やっぱり恥ずかしいんだね(涙)(涙)(涙)(0507)


12.そうちゃんソロコーナー

キンクイ前と同じキンクイオルゴールver.に合わせてそうちゃんが踊る。そうちゃんのダンスを頑張るんだ!!っていう姿勢がすごくすごく好きだから、単純にそうちゃんが一人でダンスだけで魅せる空間が嬉しかった。
どちらかと言うと、ガシガシキレッキレで踊るイメージが強いんだけど、曲に合わせてゆったりした余裕のある動きで、そうちゃんの新しい面を見れたような気がした。
いつか松島くんみたいなダンスに憧れてます!なんていう後輩ができたら嬉しいね。他担ながらに頑張って欲しいなあってすごく思う。


13.ダンケ・シェーン

とにもかくにも、「マリちゃんかわいい!よしよししたい!」芸人なので、かわいいのオンパレードダンケ・シェーンはいつか絶対聴きたい!って思ってて。「ダンケシェーン!!」って登場してくれた時の嬉しさはずっと褪せないと思う。あのしっとりとした雰囲気を一気にハッピー!な空間に変えられるのはマリちゃんの笑顔なんだろうなあ。
「今この場所で 歌えるなんて」ってフレーズがとにかく好き。ここ歌う時にオレンジに染まった会場全体を見渡してほんっとうに幸せそうな顔するんだよ。超絶ハッピーソングなのにここだけは胸に両手を置いて泣きそうになる。18歳のドイツと日本のハーフの少年が幸せそうな顔して私たちにダンケシェーン!って連呼してくれる多幸感ったらないよね。涙なしで見れるわけがない。。。。(くそババア)
日本に来てくれて、SexyZoneになってくれて、わたしたちの前に立ってくれてありがとう!ダンケシェーン!!!


14.よびすて

全員真っ白タキシード。王子様かな。ふうまくんのテーパードパンツがツボでした。全力王子様じゃないところが好き。あと靴がちょっと大きそうなところもかわいくて好きです。ゴールドレンズのサングラスには何事?!と目を疑いましたが、見慣れるとめちゃくちゃかっこよかった。(0325)これ私が横アリ入った公演は一回もやってなかったから名古屋で見れてよかったと心底思ってる。
ダンケシェーン後で遅れて合流するマリちゃんの違和感の無さがパフォーマンス力の高さを誇示してるよね。あの違和感のなさすごい。
触れたら ときめくんだ」で、ジャケットの襟掴んでときめく仕草するのかわいくて好き。振りの一つ一つの動きもあったかくて丁寧で、好きだなあって思わせてくれる曲。


15.Lady ダイヤモンド

よびすてで空に掲げた指をスナップして、世界観がガラッと切り替わる。
曲の前に「俺たちのLadyダイヤモンド」って言っちゃうけんてぃ最高!イントロをけんてぃのサービスタイムに当ててくれたふうまくんに感謝!!
君のことが いつまでも ループする」ふうちゃんくそかわいい。はにかみながら恥ずかしそうに歌い踊るふうまくんがとても好きだ。。。。
「君しかないよ」で自担指差すの幸せだよね。君しかないよ。


16.キャラメルドリーム

もうこれは(涙)本当にごちそうさまでした、としか言いようがない(涙)なによりもひたすらにカオスな光景を名古屋で見せつけられ、すんげえ構成だな(真顔)となっていた自分がまさか横アリでその一員になるとは。。。。。思い出しただけで震える。
しょり聡マリ、ふまけんに分かれてモニター使ってsnow風にするんだけど、多分あのsnowのフレーム固定だったよね。そこに合わせて中腰になってお尻突き出して頭寄せ合う可愛さったらない。(0507)ファンを沸かせようタイム!なので、幾重となく「だけど目の前のたった一人に 今は無我夢中」のふまけんに腰を抜かしたのは言うまでもない。けんてぃの女と化したふうまくん女子やん。(涙)「DaBaDA」(こんな歌詞なんだ)のしょりそうのおふざけも最高。ほんっとごちそうさまでした!!!!!
でもって、個人的しんどいソング。(0505)


17.Hey you! / ぶつかっちゃうよ

謎の横アリランダムセトリにより、ぶつかっちゃうよを聴けずに終えたことに後悔しかない。横アリの後にどっか会場あったらこのために遠征しようか考えるくらいには悔しいよ〜〜ふうまくんのばか〜〜〜〜(涙)お願いだからDVDに入れてください。(切実)最後の二公演?はヘイユーがかかる度に、はあってなってましたごめんなさい。でも結局ヘイユーも死ぬほど楽しいからすぐはあって気持ち吹っ飛ぶんだけど。(単純)
ケンカばっかりしてる2人を棒立ちで見るふうまくんめっちゃかわいいし、「せっかく会えた日は、、笑ってよ♡」はい!!すきーーーーー!!!!
ツムツムでちびーずの背中をニヤニヤしながら思いっきり押してくふうまくん男子校出身者すぎてきゅんきゅんする。ツムツム最高。ふまけんハグだけは一生忘れん。ごちそうさまでした。(福眼)(0507)


MC

喋りたいけどさすがに今回は割愛。
これだけ言わせて。「こんにちはーー!」「「「「こんにちはー!!!」」」」「はいこんにちはー」かわいいってば。


18.君だけforever

MCで腹抱えるほど笑かしといて、「さあじゃあ準備してもらいつつ、、」ってピアノとギター出してきて、しっとり歌い上げる。ギャップすぎでしょう、、、、、ガラッと雰囲気を変えてくる。すごいなあ。MC続きでやるの本当にもったいない。
SexyGirlたち、準備オッケー?」と聞かれ何が始まるのかと半信半疑のまま奏でられたけんてぃのピアノとしょりくんのギターに思わず息が漏れてしまう。唐突に歌い出す「愛はここにあるんだよ〜」これがもう鳥肌モノで。「君だけを守りたいんだ 君だけに届けるんだ だから笑顔を見せて」って少し苦しそうにはにかみながら歌うんだ。ふうまくんの歌唱力に会場中が魅せられる。それから大サビの「愛はここにあるんだよ〜」と「君だけを守りたいんだ〜」のふまけんの歌い継ぎでその表現力に圧倒させられる。曲そのもののアレンジもすっごくよくて、とっても好き。繊細で、尊くて、失いたくない時間だなって。あと、マリちゃんが「forever」って歌う時英語話者の口の動きになるのがすっごく好きでした。
すごく近いものが(て言うかほぼそのまま)少クラで放送されたので、よかったら見てみてください。https://m.youtube.com/watch?v=sIuT1Ht_3pE


19.ふまけんしょりコーナー

転換の繋ぎ。DTM系の曲に合わせてステージを大きく使って、ふうまくんが煽ってくるんだけど。君だけの空気感一瞬で吹き飛ばしちゃうからすごいよねえ。もったいないけど、逆にすごく尊く感じる。


20.Sweety Girl

着ぐるみ聡マリ。かわいい、、、かわいいがすぎる、、、、、、(頭抱)
大量にいる着ぐるみJr.の中に3人もいるんだろうな、と思ってたらほんとにいたーーー!!!やっぱふうまくん嵐担!!!!!(拍手喝采)
名古屋の時は頭取るまで着ぐるみJr.に馴染みきってたんだけど(むしろいつからいた?ってくらい馴染んでた)、横アリじゃ ハイ出てきた〜もうまんま3人じゃ〜んってなってて面白かった。出てきた時キャー!てなるもんな、多ステとネットの効果すげえ
そして、またしてもピンクのうさぎちゃんを身にまとったふうまくん。ずる賢いうさぎでしかなくて最高に萌えた。耳掴むの痛そうだからやめてあげてほしい、と思ってたら根っこ持ってパタパタし始めるからずるい。かわいいじゃん。(涙)


21.私のオキテ

何が起こるの、、、とドキマギした名古屋。出てきた美少女達に言葉も出なかった。。。。。
横アリでは程よく一緒に踊りながら、死ぬ気で風子ちゃんの観察してきたよ。
お着替えの最初でうさぎの頭を耳持って「ポーン」って下に落とすのすごい好き。あと、体くねらせながらお着替えすんのまじでエッチい。そんな着替え方どこで覚えたの?ドスケベ席ばんざーーーい!!
お着替えしてから階段お降りるときも1人だけ帽子で顔隠しながらゆーっくりおりてくるから軽い女じゃない雰囲気が醸し出てて、あああずるい!ずるい女!!ってなりました。
風子ちゃんは他のメンバーに比べて圧倒的に女子なんだけど、単に華奢とか腰が薄いとか照れ顔だから、とかじゃなくて、完全に膝が内側に入ってるから。これほんとすごいんだけど、ただ足先が内側に入ってるんじゃなくて、骨盤から内側入ってるんだよね。「頭になんか入らない」「ブスって言ったら殺すから」「私のオキテに背いたら」のとこの振りとか特に顕著。あと、「一度にたくさん言われても」「シンプルに一つだけ愛だけを叫べよ」のとこで体が縦に揺れると思うんだけど、その揺れ方もめちゃくちゃに女子。あと、「ブスって言ったら殺すから」で体が後ろに反るんだよね、肩から内側に入れて顔隠そうとする感じっていうのかな、女子がするやつだからそれ!!!!なんでこんなに女子の動き分かるの?菊池風磨、恐ろしい。さすが爆モテ兄さん女の子のこと観察しすぎ!風子ちゃんの中の菊池風磨、ありがとな!!!どこまでもぶりっこな風子ちゃん、確実に推せる。「プリプリ〜〜〜〜!!!」


22.映像

ここで超絶かっこいい映像流してくるのがずるい。程よくオキテの余韻を残しながらも、はああかっこいいってため息つかせてくる。彼らの美しさ、勢いに圧倒される。


23.It's Going Down

ダンッ タララ〜〜
ちょっと待って、、、、、(鳥肌)でした。ふうまくんきた、、、、風areやん、、、、、と思ったら「Mondayから始まるepisode」で飛び上がる5人。5人?!?!?!?!?!
レーザー使って、ガシガシ踊って、抜くとこ抜いて。完全にふうまくんが作る世界だった。風areのあの世界に5人でいる感覚っていうのかな、風are見過ぎてるくせに全く違和感のないIGDだった。ふうまくんの好きなかっこよさに4人が食らいついてる感じ、さいっこう。めちゃくちゃにかっこいい。特に間奏の顎クイクイってする振りがとにかくとにかく大好きなんですけど、それを見れただけで十分なのに5人であのフォーメーションでやってくれちゃうからたまんない。
夢を見ているような 流れる瞬間抱いて」のマリちゃんが伸びやかでとてもよくて、歌割り天才。。。。と感激。ラップが全体的にテンション高めなのも最高だった。あとその後の、「Time’s up It's going down! 夜が明け その夢醒めて一人の日々も It's going down! そこから本当のstart 合図は the melody」のフレーズで五つの光使ってるのが印象的だった。ここからが一人一人のステージのスタートなんだって思わせてくれる演出で、この歌詞を大事にしてるのが伝わってきた。
あと衣装。ふうまくんカーキのビッグシャツにダメージの効いた黒いスキニーにハイカットのインヒールスニーカーなんだけど、とにかくスキニーに包まれた脚が強調されすぎて、細い!折れる!!(涙)あの衣装着てる菊池風磨見ると女やめたくなるよ。頼むから1日三食に戻してくれ。(懇願)


24.24-7

ギラギラガシガシ、照明がとにかくかっこいい。まず「Ho!」で下から上に上がるスポット(こういう煽るような照明昔から大好き)。あと、「息つく暇もなく〜」で階段上から下に向かって斜めに扇型にでるレーザーを体で遮ったり、そこから手だけ出てきたり、めちゃくちゃにかっこいい。あと間奏で雲にレーザーが投影される演出(風areにもあったような)も最高にいい。


25.Break out my shell

IGD→24–7の流れでがっつり踊ってやろう!ってのが最高に好き。誰よりも大きく全力で踊るから絶対しんどいのに、その選択をするところがそうちゃんの秘めた野心みたいなものを感じる。
名古屋だけ曲前に映像あったんだけど、あれなんでなくなっちゃったのかな。いつものスマイルじゃないなんだろう、煽ってくるような余裕たっぷりの鋭い目をした笑みが引き立たないような気がしてしまった。逆にその日その日の表情が際立たないのかな、ちょっと分かんないけど、あの映像好きだったなあっていう小言。
さっきも言ったけど、そうちゃんのダンスには可能性しか感じない。いつか、そうちゃんじゃなくて、そうくんになる日が来る気がする。(語彙力)


26.Slow Jam

しんどい。以上です、で片付けたいけど、片付けられない。
まずとにかくおしゃれ。ここはジャズバーか?と錯覚させるほどの世界観。ショット飲むの好き。胸がきゅううってなる。RTTのカップリングで聞いたことなかったから名古屋で この曲なんですか、、、、、(号泣)って会場中が飲み込まれたのすごかったな。。。。
ふうまくんの高音とフェイクってなんであんなどエロいの。「一人きりの(ッハ)」「下手な鼻歌が〜ァ」ってのわざとだよね?ずるいって〜(涙)あと、大サビ前の「ベイベイベイ 終わらない〜」と表情がもう。ふうまく〜〜〜〜〜〜〜〜ん、、、、ってなる。彼の歌声に乗せる感情が胸に突き刺さりすぎて本当にしんどい。この曲大好きです。
ここでふうまくんが髪を彼が言うに “パサついた感じ” にして登場するんですけど、0505はセンター分けでほうほういつものやつね、という感じだったんだけど、0506から前髪を前におろすスタイルになってて本気で震え上がった。0506の2部と0507はさらに後ろがちょっと外ハネになっててさらに萌えた。それでjam歌うんだもん、本気でちょっと泣いた。なにしても前髪が揺れるんだよ。目が隠れるんだよ。ああああああだいすき。


27.rouge / …more

こんなに自担のソロを見たくないと思ったのはRolling days以来。(わりと直近)前述したようにmoreは見れてないので、rougeだけ。

名古屋で見て、うーんちょっともうなにが起きてるのか処理できなくて。姿・表情・歌声に目を背けたくなって、耳を塞ぎたくなって。でも彼が表現するものを見たくて、聴きたくて。支えてくれる人がいないと立っているのがやっとで。ベッドに横たわりソファーの隣に座り空間を共にした誰かの影を必死で追う姿も、顔を抑えて苦しそうに悔しそうに歌い上げる表情も、感情を乗せた伸びやかに広がる儚げで切ない歌声も、ラップに込められた想いも、全部が見てられない。聴いてられない。何回見ても慣れなかった。
Jamが始まった時から緊張マックスで、ああこのまま止まればいいのにってどんなに願っても止まらなくて、手汗がひどくて。そんな状態で迎えるrouge。下手したらrollingよりもひどかったかもしれない。(笑)jamが終わってからrougeが始まるまでの固唾を飲んで誰一人として物音を立てずに彼一人を見つめるあの時間。普通なら空気の読めないオタクが「ふうまくーーーーーーん!」って叫んでもいいはずの一時に、誰一人として息もできなくなってしまうのは彼が持つその雰囲気、佇まいがあるから。カーキのシャツを剥いで、白シャツを羽織って一つだけボタンを留めて、マイクを手に持つ。そんな姿を見ながら、rougeのようでmoreのようなイントロに心をかき乱されて。
どこがどうとかじゃない。大好きな人が切ない顔して苦しそうに歌ってる。平常心で聞けるわけがないんだよ。終わった後に座り込んだことが一回もなかったのが奇跡だった。彼の表現力、パフォーマンス力には脱帽です。そうだ、オーラスだけ大サビ前の「Baby, Baby, Plese don't say good bye あと少しだけでいい Baby, I just can't stop loving you どんな罰も受ける uh」をみんなで歌ったんだけど。今になってマイク外して地声で歌おうとしてたんじゃ、、、って思えてきてめちゃくちゃ惜しいことしたやんってなってます。彼のやりたいこと、かっこいいと思うことをもっと知っていきたいし、それに応えられるようになりたいから、もっと発信してほしいなって。
ただただしんどいこの一曲が、ふうまくんにとって大切な曲で大好きな曲で。これからもいろんなタイミングで歌っていってほしいなって思います。妖艶で、大好きなパフォーマンスだった。


28.Hey Summer Honey

からのけんてぃなの!このセトリすごくない?(わたし的には完全にrolling→FUNK様なわけなんだけど、FUNK様にrollingの余韻を払拭してもらったこと一回もなくて、)けんてぃはあの空気を完全に払拭してくれるんだよ。。。。ラブホリ先輩すごい。。。。。。楽しいサマハニをありがとう!!君がバクステ周辺買い占め中島担達に歌いながら着実にファンサしてるの見て勝手に誇らしくなったよ!「へい横アリのブルーオーシャン!俺様に蜜を吸われる準備はできてるかい!!!!」「「「きゃーーーーーー!!!!!」」」「おーけーハニー、今からみんなの蜜吸いにいってやるぜ!」「「「きゃーーーーーー!!!!!」」」(アリトロ乗る)いやめっちゃ謎だわ。まじすげえ。さいこう。


29.Stand up! Speak out!

名古屋のこと思い出してめっちゃ笑うんだけど(笑)、いや発売前のシングルのカップリングの「Oh-eh-oh-ah-oh〜」を歌えってのはさすがに拷問だ。(笑)ぽっかーーんとしてる会場を諸共せずに「もっと声出せよー!(怒)」は理不尽だわ。。。。。(笑)しかもめっちゃ長かった記憶あるんだけど気のせいかな、体感時間が長かっただけ?(笑)CD発売されて、ああ!この曲!ってなったの今思い出しても面白い
発売前の曲使うの注意だよふうまくん。
大阪はめっちゃ綺麗だったとレポを読み安心したし、横浜もめっちゃ綺麗だったし、その時にめちゃくちゃ嬉しそうな顔してるふうまくんが最高に可愛いわけなの。よかったね(よしよし)てしてあげたい。「やればできんじゃん」っての大好きだからこれからもよろしくお願いします。
「立ち上がれ!」でまっすぐ拳を突き上げて、歌詞を届けようとしてくれるところが好きだよ。


30.勝利の日まで

オーラスにてやっっっっっっっとふうまくんの勝利を見届けましたありがとうございます(涙)頑なにグーを出し続けてきた菊池風磨が最後の最後にチョキで一人勝ち(涙)かっこいい(涙)(涙)嬉しすぎて飛び跳ねて喜んだわ。。。。。嬉しそうなふうまくんめちゃくちゃにかわいかったよだいすき!!!!


31.Sexy Summerに雪が降る

そしてセクサマふうまくんソロ(涙)本当に勝ってくれてありがとうだいすきだよおめでとう!
ふうまくんの裏拍をとるアレンジが大好きなんだけど、それが満載でほんっっっっっとうに耳が幸せでしかなかったし、「告白するよ お前らを愛してる」ってめちゃくちゃに優しい笑顔でお顔傾けながら言うんだよ。そんなのずるいじゃん。ずるいにきまってるじゃん。わたしも愛してるよふうまくん。
そこからふうまくん絶好調で、「鐘が鳴る〜ううよ」のアレンジ最高だった。相変わらず波を捕まえるふうまくんはさいこうにかわいい。「いえいいえいいえい!」の煽りも鋭めでかっこよかったテンションあがってるのが伝わってきてよかったなあ。
からのふまけんハグ(涙)いやみんなとハグしたけど(涙)「菊池風磨、おめでとう♡」(ハグ)「ありがとう!(照)」「ふまくん、おめでっとう♡」(ハグ)「ふうまくん、かっこよかったよ」「ハグしてくんねえんだ」(ハグ)「おめでとーーう!」(ハグ)が泣けるほどにいい。ふうまくんにやけ止まんないのほんっっっとにかわいい(涙)わたしからも、ふうまくんおめでとーーーーーーう!!!!!!!!!!(ハグ)(大号泣)
あと、0505は勝者そうちゃんだったんだけど、みんなでお神輿?みたいに抱え上げていくのかわいすぎた。ふうまくんが発端だったと思うんだけど、ほんとその男子校ノリ好き(笑)


32.With you

基本的にセクサマでふざけすぎてフォーメーションばたつく(笑)それも含めてかわいいー!!ってなるんだけど、(特にオーラスのばたつきはひどかった顔見合わせて爆笑するふまけんごちそうさまでした)そんなの一瞬でなくなっちゃうくらいに歌詞がしみる。
右も左も分からなくて、自分たちがどうなっていくのか不安で仕方なかった少年達が歌ってた曲とは思えなくて。成長した彼らが大サビで「臆病だった僕が こんなにも強くなる 僕が必ず 君を守るよ」って5人で真ん中に集まって一生懸命に力強く歌ってくれるんだよ。今の彼らがこの曲で私たちに伝えたいことが汲み取れたような。あえて挨拶前に歌うところがまたいいんだよなあ。


挨拶


33.STAGE

言いたいことは死ぬほどあるけど、この曲に関しては言葉にしたくない。胸にとどめておきたい。そのくらい大事で、大切で。全部の公演で感じたことが違ったから、その全てが宝物。
たった一言だけ言わせて。SexyZone最高だよ


アンコール
1.Sexy Zone

ファーストコンサートの時と同じ衣装で、薔薇持って、当時の映像と音声に合わせて登場。ふうまくんがいつもいつもすごく照れてて、とっても可愛いんだ〜。オーラスで彼らと一緒に薔薇持てたの本当に幸せだったなあ。
(ふと、フェス13のcool&soulを思い出した。感動のレベルはあれです。やばいでしょ?)


2.カラフルeyes

階段(涙)スタトロ(涙)って具合に思い出の宝庫。
名古屋でスタトロに乗ったふうまくん見て、開いた口塞がらなくて腰が抜けてただ見つめるだけだった。あまりにも美しくて綺麗で儚くて、優しい笑顔でスタトロ乗ってるの。本当にかっこよかった。。。。。。そんなわたしが横アリじゃキャアキャアしちゃってたから面白い。(笑)


3.Make my day

これもスタトロすぎて、とりあえずペンライトくるくるしてたか野鳥の会してた!!スタトロ最前の恐ろしさ感じたから一生入りたくない息止まって死ぬかと思った。(また入りたい)


4.Congratulations

フィナーレにふさわしい楽曲だと改めて思う。5周年のSexyZoneにcongratulations!って気持ちで聴いてたよ。照明がとってもキラキラしてて(語彙力)、でもその中で照明に負けず劣らずキラキラした表情で歌う彼らは最強だった。
「もしも君が負けそうなとき 迷わず僕に聞かせてよ 一人じゃないよ 心には距離なんてない」を私たちが歌ってる時のふうまくんの優しそうな、誇らしげな表情も、その後に「うまいじゃん」って言って笑うふうまくんもとっても素敵で。ああだいすきだ、って涙がこぼれる。
5周年ほんっとうにおめでとう!


ダブルアンコール(0507)
Silver Moon

感極まりすぎて記憶ないんだけど、「明日も頑張れる気がする 不思議な力で」っていうフレーズが妙に頭から離れないんだよなあ。おかげさまで今日も頑張れてます。ありがとう。





以上です。
だんだん疲れてきてるの目に見えてわかるね、すいません。


さて。
どんな棘が刺さっても、わたしも一緒に彼らの描く頂上まで行こうって赤い薔薇に何度も何度も何度も誓ったこのツアー。
楽しくて楽しくて仕方ないコンサートで、当たり前に距離も近くて、隣には共有できる友達がいて。もしこの5公演の中でたった1公演でも入ってなかったら絶対に後悔してたって心から思うほどに何度入っても幸せになれるコンサートだったし、感じるものはこの胸に抱えきれないほどたくさんあった。本当に素敵な思い出を、素晴らしい感情をくれてありがとう。
こうして5周年を祝うSTAGEに行けて、ここから先を目指す彼らの決意を肌で感じられたことが誇りです。

けんてぃが “ 俺らの ” おっきな夢で辛い現実も壊していこう って言ってくれるから 、
マリちゃんはいつもわたしたちの幸せを一番に考えてくれるから 、
そうちゃんと一緒に小指を切って約束したから 、
しょうりくんが 何十年先も幸せにしますってはっきりと伝えてくれるから 、
そして ふうまくんが 一緒にナンバーワンなっちゃおうよ!って笑顔で言ってくれるから 。

あ、わたしこの人たちについて行けば絶対にしあわせになれるなって理屈抜きに確信した。
だからもう隠さないし、こうしてふうまくんにSexyZoneに落ちていっている自分に負い目なんて感じないし、感じるわけないし、嵐に申し訳ないとも思わない 。胸はってセクゾが好きだって言えるよ。こんなに素敵なんだからもっとたくさんの人に知ってほしいって思うんだ、本気で。

胸いっぱいに溢れた 好きになってよかった の気持ちは、涙でしか表現できなくてオーラスから数日はご飯が喉を通らないほどで。こんっっっっっなにも幸せにしてくれるから、わたしも幸せにしてあげたいんだよね 、彼らを。めいっぱいの感謝とともに還元したい。バラのサプライズを受けて心から幸せそうな顔をした彼らの笑顔をまた見たいって思うんだ。おっきな景色を見せてあげたいんだ。絶対に。

だからやっちゃおうと思ってます。生半可な気持ちじゃダメなことくらい今の彼らの勢いを見てたらわかる。彼らが本気なら、こっちも本気になるべきだよね。本気になる、やるべきことは単純明快。でもそんなのわたしたった1人じゃなんにも功を成さないんだよね。
だけどね、このSTAGE に入ってSexyZoneの虜になった人はきっとみんな同じ気持ちなんじゃないかなあって思うの。少なからずわたしの周りの人はそうだから。
そんなみんなでやっちゃおうよ。彼らを世界に売っちゃおうよ。ナンバーワンにしちゃおうよ。彼らにおっきな景色見せてあげようよ。頂上に連れてってあげようよ。5人とわたしたちでみにいこうよ。彼らがそうなりたいと願うその意志がある以上、わたしは夢を叶える力の1つになりたいんだ。

嵐でその力になれなかったから、好きになった時はもう “ てっぺん ” だったから。うん それもあるかもしれない。でもそれだけじゃない。
わたしはただ単純に、Sexy Zoneをナンバーワンにしたい。彼らがそう願うなら、そうするまでだ。どんなに微々たる力でもいい。その力の1つになりたい。
その意志がある彼らと、それを受けて発揮できるわたしたちの力が合わされば、ぜったいに頂上まで行ける。そうだよね?

なんでせくぞ?(笑)って小馬鹿にした人たち、今に見てろよ〜〜!!みんなそのうち彼らの魅力に気づいて、せくぞのアリーナ公演入ったの?すごい 、、って口を揃えて言う時代が絶対に来るんだから。いや、5人とわたしたちで作るんだから。


どんな棘が刺さっても 今の5人なら乗り越えられるし、今の5人が付いてくれてるわたしたちもそれを乗り越えられる。絶対に。


さ〜〜
Sexy Zoneのみなさん、
幸せになる準備はできてますか・・?🌹

自担の熱愛と担降りとの葛藤

自担の熱愛ごときで降りるってどうなん?って思ってたけど、いざ自分の立場になると理解できるもんだっていう話です。まさかこんなブログを書くまでになるとは思ってもみませんでしたが。

前置きしておくと、櫻井翔くんのことが嫌いになったわけではありません。大好きだからこその憤りと、悔しさと、寂しさゆえの愚痴で溢れかえったブログです。その感情を性格が人よりも格段に良くないひねくれ者のわたしが書き綴ってるから、すごく不快な思いをする人もいると思います。ていうかあの報道でノーダメージの人は読まないで欲しい、本当に。純粋に翔くんが大好きだっていう気持ちに傷を付けたくないから、そういう人は今すぐに戻るボタンやら、ばつ印やら押してください。










4月25日。
わたしの12年間が一瞬で失われた

ドラマっ子だったわたしは、花男の主題歌『wish』を歌う嵐を好きになった。嵐の中で惹かれたのは、言うまでもない櫻井翔くんでした。各所で時折言ってる、整ったお顔をぐしゃぐしゃにしながらめいっぱいに大口開けてがはがは笑う姿になんて楽しそうに笑うんだろ〜 って思ったのが翔くんに落ちるきっかけ、てのは本当のような嘘です。本当の本当の最初のきっかけは 慶応?! でした。(ちなみに、自担②(②とかめっちゃやだ①にしたい)菊池風磨くんは、菊池風磨?!名前かっこよすぎん?!でした。ほんと軽率ですいません。)その辺のことはここの『3月7日』で喋ってます。https://akar1.tumblr.com

‪その軽率さとは裏腹に、彼の人間そのものの人柄に惹かれていった。翔くんがテレビ、雑誌などなどたくさんの媒介を通して語る彼自身の価値観に惚れた。癖のあるダンスも、甘い歌声も、実はチャラいところも、私服がダサいところも、全部が大好きになった。もちろんテレビを通して私たちに見せてくれるものが全てだなんて思ってないし、芸能人櫻井翔に一個人櫻井翔という裏側があることなんて分かりきってる。だけど、メディアを通して彼が 芸能人櫻井翔 としてわたしたちに見せてくれる彼らしさがかっこよくて、素敵で、心から尊敬してた。だから裏側がどんな人であろうとも、私たちに見せてくれる姿がそれならそれでいいって思ってたし、そうやってオンとオフを切り替えてるっていうことは嵐のことを思って切り替えてるんだから、当たり前にその存在を大事にしてるんだろうって思ってました、本気で。
そんなわたしにとって彼のとったあまりに軽率な行動はわたしが見てきた彼の姿じゃなくて、ただ単純に悲しかったんです。

2月25日。
ついにきました!うちの櫻井翔くんに熱愛です!
って無邪気に喜んでた。嬉しかった。報ステ終わりにお迎え?超絶いい彼氏じゃん!ほらやっぱうちの子ちゃんとしてる〜〜惚れ直したわ〜〜ってくらいだった。盲目すぎかよ。
嵐も翔くんももういい年齢だし、それこそ翔くんはお父さんのお名前もあるから、今熱愛が出る人は本気の人なんだってことくらい13個年下のわたしにだって分かる。そんな人に彼が出会えたことは嬉しいことだし、早く結婚してほしいな子供作って欲しいな幸せな話聞きたいなって思ってます。これは綺麗事とかじゃなくて、本気で。プライベートの幸せは、必ず仕事に反映されるはずだから、還元してくれるはずだから、めちゃくちゃシンプルに嬉しかった。あ〜もうすぐ幸せそうな翔くんみれるんだ〜って。嵐の幸せは、翔くんの幸せは私の幸せ。それは今も変わらないです。

でもちょっと冷静になって見たときに、はて。と思うことがたくさんあった。報ステ終わりにテレ朝前で立ち話?彼女の家のベランダでタバコ?うちの子が?
でも、まあいいとしよう。あれが見せしめじゃなかったとしたら脇甘すぎほんっとばかなの?としか言いようがないし、見せしめだとしても見せしめようとすること自体がファンのこと馬鹿にしてるし、去る者は追わずですねはあそうですかと思うんだけど、まあいいとしよう。逆に、この時点で彼の甘さに嫌になってた人もたっくさんいたと思う。
けどわたしはそれをいいように捉えた。本気だからバレてもいいと思ってるんだろうな、あえて撮らせたんだろうな、わたしたちに覚悟させたいのかな。おっけー!わかった!覚悟しとくわ!だからはよ結婚しなね!って片付けた。好きな人の嫌いなところなんて目に入れたら痛いに決まってるから

そんなわたしが目を背ける間も無く、その痛さに目を抑えのは4月25日の続報でした。2月25日を経て、届くたくさんのファンの声、ネットに上がる世間の反応、直接届く身の回りの人の声、そして事務所から与えられる多量の仕事。それを見たら、今の自分がどうすべきか、どうあるべきか、どんな存在なのか、なにを犠牲にしてなにを守らなくてはならないのか、普通なら考えるはず。だけど、彼は考えたのだろうか。もちろん、この続報には写真という物証がなくて、本当かどうかなんてわからないけど、火のないところに煙は上がらない。そうだよね?
すっごい口悪いこと言うと、自分に向けてきゃー!って言って応援してくれる何万人もいる女から金かき集めて、その金で自分が生活できてるってこと知ってますか?自分の生活を支えてくれてる何万人もの女を蔑ろにして、目の前のたった一人の女との時間を守るの?逆にしろ、とはさすがに言わない、言えない。けどそういうことが考えられれば、アイドル櫻井翔としての自覚が一人間櫻井翔の中にあれば、結婚してからも今まで通りファンの前に立ち続けたいって思ってたら、きちんと小川さんに「これからはちょっと外で会うのは控えようか」って伝えられたんじゃないかな。
このたった一言が言えない男だったことに言葉が出ない。一瞬でも「イタリアンデート?!すてき!!」って思った自分をしばき倒したい。即座に我に返った。六本木の?個室イタリアンで?ディナーデート??は???何が起きてるの?????どんなに考えても理解し難い。彼の中にアイドル櫻井翔としての自覚があるとは思えくなった。

ファンありきのあなたでしょう?いくら同じ人間でただ職業がアイドルなだけとはいえ、その仕事をする上で櫻井翔の存在そのものが商品である以上、アイドル櫻井翔としての商品価値を下げる行為を櫻井翔がしてしまうことは、自分の存在にお金を払ってくれる人を裏切る行為だということを理解してほしい。

よく芸能人も普通の男の子なんだから恋愛くらいとか言う人もいる。いやいいよ、わたしもそう思う。恋愛くらいしていいよ、むしろしてよ。私たちのために人生犠牲にしないで欲しい。でも、アイドルだから、アイドルだから、隠し通してよ。そしてコンサートでも会報でもメールでもなんでもいい、ファンに一番にその報告をしてよ。びっくりさせてくれよ。隠し通したんだよね、よく頑張った。おめでとう。って言わせてよ。
普通のカップルみたいに、普通にデートして普通に彼女のことお迎えして普通に彼女の家のベランダでタバコ吸って、ってしたいなら、普通の男としての人権を求めるなら、さっさとアイドル辞めるかなんとかして普通の男の子になればって思ってます。

さっきも言ったけど、続報には写真がないから、もしかしたら真実ではないことが書かれている作文だったかもしれない。そんなことは重々承知です。真実は彼ら2人にしか分からない。なのに何にも話してくれないんだもん。どこまでが本当でどこまでが嘘なの?
テレビや雑誌というメディア媒介を通じてお仕事をして、アイドルだけじゃなくてキャスターもやって。
そのキャスターのお仕事を通して人に物事を伝えることが好きと言う彼(そういうところが好きだった)と、アナウンサーである彼女。ふたりして報道のプロであるはずなのに、メディアの影響力を全く分かってない。
嘘八百並べた週刊誌を読んで、「こんなの嘘だ!」って彼らが怒るのは勝手だし、無視するのも勝手だけど、あなた方が公式に何も発さない以上、わたしたちはその週刊誌を読んで「嘘かもしれないけど本当かもしれない」と疑心暗鬼のまま、ほって置かれる。メディアが一般人に与える影響力って絶大なんだよ。

結婚するからバレてもいいとでも思ってる?逆だよ。

結婚する気なら尚更誠意を見せなさい。ファンに認められる良識のあるカップルになりなさい。《高学歴アイドルとお嬢様アナウンサー》なんて字面のいいカップルだろうね、さすがに信じ切ってた。高学歴だろうが、お嬢様だろうが、アナウンサーだろうが、堕ちる先はみんな一緒なんだな。呆れたわ。

何度も何度も言うけど、今までずっとあなたを見てきて、人柄に惹かれて尊敬してるからこそ、あなたは誰よりもファンあってこその僕らだって思ってくれてると思ってた。でも全然そんなことなかったね。夢を買ってるんだから、夢を売り続けてほしい。たったそれだけなのになあ。それこそ私の方もメディアが作るアイドル櫻井翔のフィルターに踊らされてたのかもしれない。

これも繰り返すようだけど、熱愛が出たことが嫌なんじゃない。それを黙認して何ともなかったようにテレビに出て、自制心の欠片もなくまた密会して、週刊誌の思う壺な行動とって、そして続報として掲載させる。
なんで隠そうとしないのか。なんで自制心が働かないのか。アイドルにとって熱愛を隠すこと、会うことをセーブすることは自分を、グループを守るために必要なことのはずじゃないのか。シングルが売れないのも、テレビがぜんっぜんおもしろくないのも、なぜか映像の仕事が大量に舞い込んで来てるのも。何か歯車が狂ってしまったとしか思えない。この前改めてびっくりしたんだよ、嵐の成長の華々しさに。その反動がこれなの?なにそれめちゃくちゃかっこ悪いじゃん。お願いだからこんなこと言わせないでよ。ちゃんとしてよ。嫌にさせないでよ。幻滅させないでよ。

5月6日の13:00
横アリにセクゾのコンサートに行ったら、翔くんに会えました。横アリが始まる前から、どっかの公演には来るよねえあわよくば入るところに来てくれんかな〜ってなんとなく思ってて、この公演に入る前にもまじで来てくれんかな仕事休んで来てよ(笑)とか冗談で言って笑い転げてたら、まじで来てた。いやあびっっっっっくりした。腰抜かした。本当に。
まあどこかには来るんだろうとは思ってたんだけど、まさか本当に会えちゃうとは思わなくて。ふうまくんがワクワクのお知らせする時に、前日は「嵐さんのワクワク学校に〜」だったのが「嵐兄さんのワクワク学校に〜」にだった時点で、はて。と思ってた次の瞬間には、「お忙しい中来てくださいました!」って紹介された。
驚き、喜び、戸惑い、いろんな感情が溢れた。はあ翔くんって思ったし、心から幸せだ〜って思った。胸がきゅーっとして、苦しくて、こんなことってあるんだって。嬉しかった本当に。
翔くんの「おはようございます」に5人の中で誰よりも早く「おはようございます!!」って答えるふうまくんのかわいさもそうなんですけど、『俺の風磨』な翔くんと『俺の風磨』になってるふうまくんがめちゃくちゃ可愛くて。
翔「風磨、今回のコンサート演出担当してる話はみんなにしてんの?」風「してます!」翔「あのーコンサートのパンフとかでしてんの?」風「してます!」翔「あ、じゃあみんな知ってんだ。」風「あ、みんな〜(めっちゃ頷く)はい。みんな知ってると思います。」ってはいもうママじゃん。過保護ママじゃん。ここで「してます!」「してます!」って全力回答するのに、「みんな知ってんだね」って言われるとちょっと不安になって「あ〜 知ってる、と思います」ってなっちゃうふうまくんまじで天と地がひっくり返るほどにかわいいからな。
翔「いやあ実は今日ゆっくりしようと思ってたんだけど、風「すいません!ありがとうございます!」(はいかわいい)昨日牛丼食ってたらさあ、スタッフさんに「ふうまくんが兄貴は来てくれないのかと寂しがってる」って言われて、俺豚汁こぼしそうになったよ、、、」って満更でもない顔で喋るの可愛すぎる可愛すぎる可愛すぎるーーー!!!
超絶見に来て欲しいのに自分から「見に来てください」って言えないから、スタッフさんに「演出頑張ったから翔くんに見に来て欲しいんすよ〜」てお話するふうまくんが、されたら嬉しいこと分かっててするどこまでもずるい女でしかなくて、再び天と地がひっくり返るほどに可愛いことは置いておいて、ふうまくんにそんなこと言われてて嬉しくなって、まんまと横アリにやって来てしまった櫻井翔(35)が可愛すぎる。「あ、まじで?風磨が演出やってんの?それは行かなきゃなあ」ってなったんでしょ?く〜うかわいい!!
どうせ来るならノンセットでTシャツにカーディガン着ていつもの薄色デニムかベージュのチノパンだな(笑)だっさー(笑)って冗談で言ってたらまじでそれだったし(口が悪い)、なんかカーディガン見覚えあるな〜って思ってカメラロール漁ってみたら、案の定夜会の宮城の時のカーディガンだった。全然今まで通りの全力強火櫻井担当でした、わたし

この時に、きゅーーーってした感覚も、幸せすぎる感覚も、ふわふわした感覚も、どこ見たらいいの?!目が足りない!!ってなったのも、ワクワクの前哨戦でしかなかったし、後輩思いな私の大好きな翔くんの姿が見れて本当にどうにかなりそうだった。私が好きな翔くんの姿だった。大好きなんだよ、今も全然。
でもこの裏側に。そう思ったら頭が痛いし、信じたくない。だからそんな風に考えずに、表面的にだけ応援すれば幸せになれるかもしれないって思った。気持ち的にすごく軽くなるだろうし、自分の好きな翔くんだけを好きでいられる。翔くんをまだ好きでいたい。
ももう長い間、テキストを読み漁って一言一句逃したくなかったり穴開くほど雑誌見たりほくろできた?って分析してみたり月曜の夜には用事入れずに今週の翔くんを確認したり、そんな生活をしてたもんだから急に上辺のビジュアルだけにひたすら沸くファンになるのは難しすぎたし、そんなのは私にとって応援してるに当たらなかった。顔が好きだからそれでもいいって人も沢山いるんだろうけど、自分が今までしてきた応援の形を前提として見逃せないくらいに嫌な部分がたった一つ見えてしまった以上、無理だってなる他なくて、でもそうなりたくなくて。わたしどうしたらいいの?

本気で大好きで、本当に大好きで、尊敬しててアイドル嵐が終わる時まで櫻井担やり続けるって思ってて、翔くんのことが好きだってどんな時だって胸張って言えたから、だから撮られたこともその対応も、全部受け止めきれない。苦しい。悔しい。不甲斐ない。
本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に、大好きなんだよ、大好きだったんだよ。
大好きだったあなたをこんな風に思ってしまう自分が本当に嫌だ。いまわたしが書いてることは全部ファンのエゴでしかない。こんなエゴを押し付けるファンはいらないんだよね。彼を受け止めてくれるファンしかきっと彼はもう求めてないんだと思う。受け止められている人が心底羨ましい。わたしも受け止めたかった。ずっと翔くんと一緒に歩んで行きたかった、背中を追いかけたかった。気持ちが伝わったあの日のことを思い出しては涙が出る。勝手に伝わったって思ってたけど、本当に伝わってたのかな。あれですらエゴだったのかな。あんなに幸せになれたのに。
こんな風にしか考えられなくて、苦しい悔しい。今の翔くんの、嵐の考え方に寄り添えない、付いていけない自分になってた。
ごめんね翔くん。

どんなに長い期間必死で応援してきて好きを募らせてきて、信頼して、尊敬してきても、自分にとって許せない嫌な部分が見えてしまったら、冷めるのは一瞬だ。


こんなこと言ってた。今じゃ信じられない。なにがあっても?永遠に??そんなきれい事、存在しなかったよ。


わたしにとっての担降りとは。
わたしの中での彼に対する気持ちの約7割が人間性に惹かれた尊敬だっただけに、それを失った今はほぼ担降りしてると言っても過言ではないと思ってます。ただ残りの3割である嵐というアイドルグループに所属するキラキラアイドル櫻井翔への気持ちを簡単に捨てられない。今のわたしにはそれができない。

Sexy Zone菊池風磨くんの存在がある今、「担降りしま〜す」って決断することもできるわけで。せくぞの圧倒的な可能性を感じて、彼らと横に並んで一緒にナンバーワンまで、頂点まで歩んでいこうって赤い薔薇に誓って腹くくってるから、気持ちは間違いなく10割傾いてる。正直いま嵐だけの現場発表されても はあまじか どうしようってなると思うし、ワクワクは全力紫でふうまく〜〜ん(涙)てする予定です。たぶんいまは赤を身につけても違和感しかないと思う。かつて紫がそうだったように。


これって降りてるの?
降りるって何?
そもそも線引きはどこなの?

誰か答えをください。



いまはこんな状態だけど、きっと本当に降りる時がきたら、自分で今だって分かるんだろうなって思ってる。それが明日か、一週間後か、一年後か、はたまた死ぬ時か。いつかはわからないけど。

どうか幸せになってください。わたしはあなたが慕う菊池風磨くんに幸せにしてもらおうと思うよ。去る者は追わず。お互いに、ね。